一戸建てを購入する時に見ておきたいポイントと言えば、防犯設備です。

一戸建てと言うのは、マンションよりも敷地内への侵入が容易ですから、どれだけ防犯設備が整っているか、と言うのが重要になってくるものです。

まずチェックしておきたいポイントの一つが窓です。一戸建てはマンションよりも窓が多い構造ですから、その分侵入する場所が多いとも考えられます。

ですから、窓には防犯設備が備わっていたり、侵入を防ぎやすい仕様になっていると良いものです。

多角的な視点から東大阪市の不動産ついてはこちらのサイトでご確認ください。

例えば、防犯ガラスが採用されていると良いものですが、鍵が二重になっているのに加え、サブロックまで備わっていると安心感があると言えるでしょう。また、窓ガラス全体を覆うように面格子が付いていると高い防犯効果があるものですが、面格子にも種類があります。

注目なのは、ネジ山のない仕様の面格子で、これであれば、簡単に侵入することはできないものです。

防犯効果を高める時に意識しておくべきことと言えば、どれだけ侵入に時間をかけさせることができるかです。

空き巣は、侵入に時間がかかる家を避ける傾向がありますから、とても大切なポイントだと言えるわけです。

構造としては、横幅が短いスリット窓と言うのがあり、侵入しにくくなっています。



また、縦幅が短く横幅が長いタイプのスリット窓もあります。



窓がまったくない家だと採光性や通風性に問題が出ますが、こういった窓が設けられていれば、光や風を取り込むこともできて助かるものです。